• ホーム
  • 薄毛を改善させたいあなたへおすすめなプロペシア

薄毛を改善させたいあなたへおすすめなプロペシア

2019年12月25日
鏡を見る男性

プロペシアはフィナステリドを有効成分としたAGA治療薬であり、抜け毛を抑えて薄毛の進行を止める効果が期待できます。実際に服用した人のほとんどがその効果を実感しており、日本だけでなく世界中で愛用されています。この薬にはDHTの抑制や乱れたヘアサイクルを整えるといった作用があります。

AGAで悩んでいる人の頭皮には、通常よりも多くのDHTが存在することが確認されています。そのためこのDHTがAGAを進行させる原因の1つであると考えられています。DHTとは男性ホルモンのことであり、胎児期の男性の成長に欠かせないホルモンの一種です。しかし、思春期以降にはAGAなどの症状を引き起こす原因となりますし、皮脂の過剰分泌を引き起こすことで抜け毛の原因になると言われています。

DHTは男性ホルモンテストステロンが特殊な還元酵素と結びつくことにより生成されます。この還元酵素は脱毛シグナルを発生させることにより、ヘアサイクルを狂わせてしまいます。ヘアサイクルが乱れると髪の毛が太く成長する前に抜けてしまうため、薄毛が目立つようになるということです。プロペシアはこの還元酵素を阻害することにより、DHTの抑制効果が期待できますし、ヘアサイクルを整えることで抜け毛の予防にも繋がります。

プロペシアは安全性の高い薬ですが、副作用のリスクもあると知っておきましょう。この薬には男性機能に関する副作用が報告されています。男性ホルモンであるDHTの抑制作用があるため、服用することで体内で作られる男性ホルモンの量が減少します。そのため勃起不全や性欲の減退、精子量の減少といった副作用のリスクがあります。

プロペシアは肝臓で代謝されることになるため、肝機能に関する副作用に注意が必要です。成分を吸収する時に肝臓への負担が大きくなった場合、肝臓で炎症が起こってしまったり、肝機能が低下してしまうといったことも考えられます。特にお酒を飲んでいる人は注意しましょう。服用して副作用が出てしまった場合、薬の量を減らすなどの工夫が必要です。それでも症状が治まらない場合は病院を受診しましょう。

ちなみに、女性はプロペシアを服用することができません。有効成分のフィナステリドはDHTの抑制作用があるため、薄毛の改善に大きな効果が期待できます。しかし、妊娠中の女性や妊娠する予定のある女性が服用した場合、胎児が男児だった時に生殖器の成長を阻害する可能性があります。また、プロペシアは肌に触れるだけでも成分が体内に吸収されるので注意しましょう。

プロペシアは1日1回1錠を服用することになります。飲むタイミングなどは特に決まっていませんが、飲み忘れには注意が必要です。毎日同じタイミングで飲むことを決めておけば、飲み忘れの防止になるでしょう。すぐに効果は出ないかもしれませんが、毎日飲むことが大切です。3ヶ月以上の継続で効果が出ると言われています。

この薬だけでは効果が実感できないという場合、頭皮に塗るタイプのツゲインと併用しても良いでしょう。内服薬であるプロペシアと外用薬であるツゲインを併用することにより、内側と外側の両方から効率よく薄毛の進行を止める効果が期待できます。

プロペシアは基本的に病院で処方してもらうことになります。しかし、病院で処方してもらうためには手間や時間がかかりますし、お金も高くなってしまいます。そこでおすすめなのが通販サイトで購入するという方法です。通販サイトなら自宅にいながら薬を注文することができるため、手軽に購入できるというメリットがあります。中には悪質な通販サイトもあるため、会社の情報や口コミなどをしっかりチェックしてから購入しましょう。

関連記事
女性の薄毛改善に!女性用ヘアフォーユー

女性の薄毛や抜け毛の原因としてFAGAが挙げられます。AGAは男性の薄毛を引き起こすことで知られていますが、AGAが女性に発生した場合はFAGAと呼ばれています。男性のAGA治療薬は女性に使えないことが多いため、女性用ヘアフォーユーで薄毛対策をすると良いでしょう。女性用ヘアフォーユーにはミノキシジル

2019年12月06日
ミノキシジルを使うならタバコはやめた方がいい理由

タバコの薄毛リスク増加について気になっている人もいるでしょう。基本的にミノキシジルで薄毛の治療をしている場合、禁煙した方が良いと言われています。この2つを合わせて摂取したからといって、健康へのリスク増加が懸念されるというわけではありません。しかし、この2つには矛盾する働きがあることも知っておきましょ

2020年01月09日
広範囲の薄毛を改善したいならロニタブで内側から治す

広範囲の薄毛や生え際の薄毛を改善したいならロニタブを使ってみると良いでしょう。ロニタブはミノキシジルを主成分としたAGA治療薬であり、発毛を促進する効果が期待できます。ミノキシジルの内服薬は1箱に50錠程度入っていることが多いですが、ロニタブは1箱あたり10錠入りになっています。そのためミノキシジル

2019年11月20日
ミノキシジル配合の外用薬ならツゲインでしょ!

ツゲインは人気のAGA治療薬であるロゲインのジェネリック医薬品です。ロゲインはかなり価格が高い薬ですが、ジェネリック医薬品であるツゲインなら手頃な価格で薄毛治療ができます。ジェネリック医薬品なので配合されている成分は元の薬と同じですし、期待できる効果もほとんど同じとなっています。ロゲインと同じように

2019年11月02日
薄毛に悩んでいるならミノキシジルの効果を知ってほしい

ミノキシジルは前頭部や頭頂部の薄毛に効果のある成分です。もともと血圧を下げる薬として開発されましたが、使用することで薄毛が改善されたという報告があったため、薄毛の治療薬としても使われるようになりました。現在では壮年性脱毛治療剤のリアップなど、ミノキシジルを配合したさまざまな商品が登場してきています。

2019年10月21日