• ホーム
  • 広範囲の薄毛を改善したいならロニタブで内側から治す

広範囲の薄毛を改善したいならロニタブで内側から治す

2019年11月20日
鏡を見て髪を気にする男性

広範囲の薄毛や生え際の薄毛を改善したいならロニタブを使ってみると良いでしょう。ロニタブはミノキシジルを主成分としたAGA治療薬であり、発毛を促進する効果が期待できます。ミノキシジルの内服薬は1箱に50錠程度入っていることが多いですが、ロニタブは1箱あたり10錠入りになっています。そのためミノキシジルを使ったことがないという人や少量から試したいという人におすすめです。

ロニタブにはミノキシジルの含有量が5mgのものと10mgのものがあります。どちらも半分に割って使用することを想定しており、錠剤に溝があるので分割しやすくなっています。5mgでも十分な効果が期待できるため、10mg錠を購入して分割すれば費用を抑えることができます。

内服薬であるロニタブは、外用薬よりも広範囲の薄毛に有効と言われています。外用薬は薄毛が気になる箇所をピンポイントで改善することができますが、ロニタブは体の内側から広範囲に働きかけることが特徴です。服用することでミノキシジルが頭皮の血管の隅々まで行き渡るため、外用薬では効果が出にくい生え際の薄毛にも効果的です。

ロニタブはプロペシアやフィンペシアなどと併用することもできます。プロペシアやフィンペシアには抜け毛の原因となる男性ホルモンの増加を抑えることができますし、薄毛の進行を止めるという働きもあります。これらの薬とロニタブを併用することにより、抜け毛を抑えながら発毛効果が期待できます。

ロニタブの有効成分であるミノキシジルはもともと血管を拡張さるために開発された成分です。そのためロニタブはAGAだけでなく高血圧症の治療にも役立ちます。頭皮の血行を改善することにより、頭頂部や前頭部の薄毛を改善することができます。血流には栄養や酸素を届けるという重要な役割があります。そのため頭皮の血流が良くなることにより、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素がしっかり届くようになります。

ロニタブの効果を高めたいという場合、できるだけ同じ時間帯に服用することがポイントです。そうすることで体内の成分濃度が一定に保たれやすくなりますし、効果が安定しやすくなるでしょう。飲むタイミングについては特に決まっていません。食事の影響は特に気にしなくて良いですが、お酒を飲んだ後の服用は避けるようにしましょう。

5mg錠を服用してもなかなか効果が実感できない場合、12時間の間隔を空ければ1日2回まで服用することができます。1日の上限は10mgまでとなっており、過剰摂取には注意が必要です。高血圧症の治療に使用する場合、1日40mgまで増やすことができます。飲み忘れたら次の服用時間まで待ってから飲むことが大切です。飲み忘れた分を一気に服用するのは避けましょう。

ロニタブは6ヶ月以上継続して服用することで効果が出てくる薬です。そのため薄毛を改善するためには根気よく服用を続けましょう。6ヶ月以上継続しても効果が実感できないこともありますが、1年程度は続けてみるのがおすすめです。

ロニタブの主な副作用としては赤ら顔や頭痛、眩暈、動悸、むくみなどが挙げられます。このような症状は血管を拡張させるミノキシジルの働きによって引き起こされます。副作用が起こると心配になるかもしれませんが、成分の分解が進むことで軽快することがほとんどです。頭痛や眩暈などは一時的な症状ですし、あまり心配しなくても良いでしょう。

また、ロニタブには血管拡張作用があるため、血圧が下がってしまうこともあります。健康な人が服用すると低血圧になってしまうこともあるので注意しましょう。降圧剤の処方を受けている場合もドクターに確認してから飲み始めた方が安心です。

関連記事
女性の薄毛改善に!女性用ヘアフォーユー

女性の薄毛や抜け毛の原因としてFAGAが挙げられます。AGAは男性の薄毛を引き起こすことで知られていますが、AGAが女性に発生した場合はFAGAと呼ばれています。男性のAGA治療薬は女性に使えないことが多いため、女性用ヘアフォーユーで薄毛対策をすると良いでしょう。女性用ヘアフォーユーにはミノキシジル

2019年12月06日
ミノキシジルを使うならタバコはやめた方がいい理由

タバコの薄毛リスク増加について気になっている人もいるでしょう。基本的にミノキシジルで薄毛の治療をしている場合、禁煙した方が良いと言われています。この2つを合わせて摂取したからといって、健康へのリスク増加が懸念されるというわけではありません。しかし、この2つには矛盾する働きがあることも知っておきましょ

2020年01月09日
薄毛を改善させたいあなたへおすすめなプロペシア

プロペシアはフィナステリドを有効成分としたAGA治療薬であり、抜け毛を抑えて薄毛の進行を止める効果が期待できます。実際に服用した人のほとんどがその効果を実感しており、日本だけでなく世界中で愛用されています。この薬にはDHTの抑制や乱れたヘアサイクルを整えるといった作用があります。AGAで悩んでいる人

2019年12月25日
ミノキシジル配合の外用薬ならツゲインでしょ!

ツゲインは人気のAGA治療薬であるロゲインのジェネリック医薬品です。ロゲインはかなり価格が高い薬ですが、ジェネリック医薬品であるツゲインなら手頃な価格で薄毛治療ができます。ジェネリック医薬品なので配合されている成分は元の薬と同じですし、期待できる効果もほとんど同じとなっています。ロゲインと同じように

2019年11月02日
薄毛に悩んでいるならミノキシジルの効果を知ってほしい

ミノキシジルは前頭部や頭頂部の薄毛に効果のある成分です。もともと血圧を下げる薬として開発されましたが、使用することで薄毛が改善されたという報告があったため、薄毛の治療薬としても使われるようになりました。現在では壮年性脱毛治療剤のリアップなど、ミノキシジルを配合したさまざまな商品が登場してきています。

2019年10月21日